×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抜け毛の量が増えていませんか

シャンプーをした後、排水溝に溜まった抜け毛を見て驚いたことがありませんか。抜け毛の進み具合には個人差があります。自然脱毛による抜け毛の場合は、健康な髪が、発生期・成長期・休止期・退化期というヘアケアサイクルによって起きる自然の抜け毛のことをいいます。1日の抜け毛が一般的に100本程度迄は、自然に髪の毛が抜けているとえる状態でしょう。
歳をとるとともに抜け毛が増たりコシがなくなったり、ボリュームがなくなったりします。これは加齢現象の一種で普通の抜け毛だといって良いでしょう。さらに抜け毛が秋になると増える事があり、1日200本〜300本抜ける場合もあります。これもそれほど気にする必要はないといえます。けれど夏の紫外線や、夏バテによる食生活の乱れなどが抜け毛を引き起こすことがあります。
抜け毛が異常脱毛によっておこっている場合は、ヘアサイクルが狂い、退化期になる前に毛が抜けてしまうようです。見るからに抜け毛の量が増えているというときは、注意したほうが良いでしょう。特に抜けた毛の根の毛球の下にしっぽの様なものがついていたり、左右が対象でなかったりする場合は異常脱毛の可能性がありますので要注意です。

抜け毛の原因って何だろう

人によって様々である抜け毛の原因ですが、大まかに以下の4つに分ける事ができるでしょう。1つ目の抜け毛の原因と言われるものは遺伝です。あるデータによると、抜け毛が遺伝する場合には、隔世遺伝するケースが目立つようです。男性ホルモンが頭部に運ばれやすいという特徴もあります。
ストレスは、抜け毛の2つ目の原因です。ストレスによって頭部の筋肉が収縮してしまい、髪の毛が成長出来なくなってしまうのです。円形脱毛症の症状は、過度のストレスによって引き起こされます。抜け毛の原因の3つ目は生活習慣です。食事の栄養バランスが偏ったり生活リズムが崩れると、充分に髪に栄養がいかず髪が育たなくなり、抜け毛の原因となります。疲れが睡眠不足などで取れない時、身体機能が低下してしまい、1番最初に影響があるのが頭髪です。
また臓器、細胞への栄養が不足した時、真っ先に栄養が止められるのも頭髪なのです。抜け毛の原因の4つ目はかぶりものです。仕事でヘルメットを常時かぶっていたり、オシャレとして帽子をかぶる習慣があると、抜け毛になりやすいようです。かぶりものの習慣によって髪の毛周辺が蒸れ、その結果、髪の毛が弱ってしまうのです。

抜け毛の予防は生活習慣から

いろいろな原因がある抜け毛ですが、その予防も原因に応じて違っていますのでご紹介しましょう。1日に1回必ずシャンプーで、頭皮の汚れを落としましょう。仕事でヘルメット等をかぶる人は特に気をつけましょう。洗髪を過度にしすぎたり、すすぎをきちんとしなかったり、シャンプーが自分に合っていないと効果はありません。
育毛剤を使うことも、抜け毛の予防には良いでしょう。予防効果は育毛剤の種類によっていろいろありますが、頭皮の栄養バランスを良くしてくれることは共通していますので、抜け毛予防にはぴったりです。頭部はマッサージによって分泌バランスが良くなりますので、マッサージは簡単にできる抜け毛の予防方法だといえます。
なるべくストレスをためないことも重要です。ストレスを全くためない生活をするのは不可能かもしれませんが、発散することはできるでしょう。基本的な抜け毛の予防は、規則正しい生活習慣ではないでしょうか。腹八分目で食事量を抑え、睡眠時間を充分に取り、禁煙し、お酒はほどほどにします。そしてもし薄毛や抜け毛が目立つ場合や気になってしまったら、1人で悩まないで、専門の医療機関へ行き相談することが重要です。

Copyright © 2008 抜け毛の原因と予防